UC珍宅都市機構

- 街にエンタメ 独立迷走個人珍都市再生機構 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

はじめてのお客様へ




内覧会にて




<このブログについて>

このブログは、住みやすい不動産物件をご紹介したり、より快適なマイホームづくりの為に必要なことなどをご紹介していくブログです。…すいません、いきなりウソです。ホントは、不動産の情報サイトなどで見つけたオモロ系の物件や、通販などで見つけた「粋」なオブジェなどをご紹介していこうと思います。

●このブログで扱うテーマやネタは、もともとは『ロト6週間予想』という、別ブログでやろうとしていたものですが、ただでさえ“お金儲け”という本来の目的から遠ざかっているのに、これ以上、おかしなネタを入れるのは危ういと勝手に感じ、『ロト6週間予想』から自分内のれん分けをする形で、新たに開設したブログです。そのため、本家の『ロト6週間予想』とネタがかぶる可能性がありますが、あまり気にしないで下さい。

●更新頻度は気分によりけりです。管理人的にはあくまで『ロト6週間予想』がメインなので、こちらはチョロチョロしか更新しないつもりです。ただ、マイブームの推移により、こっちがメインになる可能性はあります。


<画像の転載等について>

●ご自由にどうぞ。でも、改変や改造ベースに使うなどといったことはしないでください。

●それでも改変・改造ベースに使いたいという酔狂な人は、「元画像(C)UC珍宅都市機構」、「元ネタ・(C)珍宅都市機構」など、元ネタがウチにあることをお書き添え頂くか、ロゴを入れたままお使いください。


<リンクなどについて>

●ブログなので、スパム以外ならリンクもトラバもコメントもフリーです。
●相互リンクを御希望の方は、メールかコメント欄を使うかしてお知らせ下さい。
●たぶん、いらないと思いますが、当方へのリンクの際にバナーがご入用であれば、以下のものをお使い頂けると幸いです。

468×60サイズバナー

※バナー画像URL:http://blog-imgs-13.fc2.com/c/h/i/chintaku/chintaku46860ban_002.jpg

125×125サイズバナー

※バナー画像URL:http://blog-imgs-13.fc2.com/c/h/i/chintaku/chintaku125125ban_001.jpg

88×31サイズバナー

※バナー画像URL:http://blog-imgs-13.fc2.com/c/h/i/chintaku/chintaku8831ban_001.jpg

人気blogランキングへ
他の不動産系ブログへ
他の都市機構関係のブログへ
他のシュール系ブログへ
他のネタ系ブログへ
VOW的なものをお探しの方はこちらへ
他の画像系ブログへ
他のサブカル系ブログへ


スポンサーサイト

PageTop

◆ボロ屋なので、ウチにも何度か来てますが。

ラウンドトリップ・バナー468×60
ある日の内覧会にて




なんだかんだ言って久々の更新です。

…ふむふむ悪徳リフォーム被害ですか。ウチも一応は、不動産系のブログなので(どこがだよ)、この問題は他人事ではありませぬな。たしかに最近じゃなにかとわけのわからんリフォーム屋が、しょっちゅうウロウロしてますしね。ウチも、伊豆にある別宅(※というか、単なる半空家@旧実家)の内装をリフォームした直後に、「おたく、相当床下なんかが腐ってると思いますよ」だなんて、しゃーしゃーと言われたこともありますしね。




ウチの場合、物件は相当古いので、たしかにボロいわけなんですね。しかも、家族全員が外観ノーカウント派なので、外見的には一歩間違えると廃墟リーチです。しばらく訪れてないと、平気でステ看屋が塀にホーロー看板みたいなのを打ち付けていきやがりますしね。けど、さすがに中はちゃんとしてないとヤバイので、割と手を入れてるんですよ。まあ、早い話が偽装砲台みたいなものなワケです。けど、そんなのは外から見るとわからないわけですから、変なリフォーム屋がわんさか寄ってくるんですね、ハイ。




まあ、そういう連中に限って、ハナからちゃんとしたチェックなんてしてないですから、中身も見ないうちに、「外観がボロい=中もボロい」みたいな安易な発想で、セールストークをぶっかましてくれるわけですけど、そのほとんどがおもろいくらいに的ハズレ。前に摘発されたサムライだかニンジャだかっていう連中よろしく、「床下がシッケてると家族全員が病気に…」だなんてやらかしてくれる。まあ、管理人はかなりスレスレの人なので、散々「へー、そういうもんなんですか」と聞いた挙げ句に「この前、リフォームしたばかりなんですよ」って言いますけどね。




けど、そういう連中ってのはこれがまたかなりしつこくて、「悪徳リフォームなんかだと、ちゃんと改修してないことも多いんですよー」だなんて言い出す。もっとも、そういうナメたことを言われると、管理人は即座に「そうですよね、だから私自ら床下に潜って作業を手伝ったんですがね」と切り返すんですがね。まあ、それでも引き下がらなきゃ、普通に「ちょっとトイレにいってくる」と言って、密かに警察に電話したりしますけど。





『悪質リフォームの被害最悪=4万7000人から253億円-220人検挙・警察庁』
悪質リフォームの被害最悪=4万7000人から253億円-220人検挙・警察庁
<2月23日6時3分配信 時事通信@Yahoo!ニュース>
(ニュース記事URL)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070223-00000018-jij-soci




つづきを表示

PageTop

15000アクセス突破記念画像




10000アクセス突破記念画像




先日の『5000アクセス記念画像に引き続き』、『10000アクセス突破記念画像』を貼り逃げしておきます。まあ、どうせすぐに飽きられるブログなんだとは思いますが、気ままに更新致しますので、よろしかったら、時たま覗いてみて下さい。


<管理人・花沢ハナノジョー>





【姉妹サイト・仲良しサイト】
The expectation of LOTO6ーロト6週間予想ー
檄!しおにく私設ファン倶楽部(2.0beta)』
『おしゃれ気どり』





PageTop

物件No.004・あえてリゾート物件に住んでみるってのはどうです?




ある日の内覧会にて




皆さんはリゾートな物件って好きですか。実は私、昨日一昨日と、仕事で伊豆の方(実は故郷だったりもする)へと行ってきたのですけども、沿道の景色を見ていると、今に始まったことじゃないんですが、廃墟だらけなんですね。私は郷里だからよく分かるんですが、もう伊豆半島は全体的に観光産業が左前になっちゃってるエリアが随分と多くて、昭和40~50年代に隆盛を誇っていたような名ホテルや高級旅館なんかも、今では見る影もなく、すっかりルンペンの住処廃墟と化してしまっていたりもするんですね。

ですが、もちろん、経営不振の旅館やホテルが、すべて廃墟化するワケではなくて、その多くは一応、売り物件になるんですね。しかも1棟丸ごと売りなんですが、これがまたとにかく安い。私の住んでいる東京某区では、それこそ15坪未満の狭小住宅ですら買えないのではないか?というレベルの値段でも、かなり巨大な建物が買えたりもするワケです(※詳しくはコチラのページをご覧頂くとお判り頂けるかと思います。

たとえば、↑のリストに表示されているこの物件↓なぞは、1974年築の物件なんですが、その価格たるやなんと3300万円。それこそウチの近所だったら、同時期に建てられた3DKくらいの中古マンションの価格です。しかしこの物件は、見ての通りゴチャゴチャといろんな部屋があって、それこそ、その辺の小さなアパートから引越していったら、どうしていいのか分からなくなっちゃうような感じです。おそらく1人だったら、掃除だけでも丸2日くらいかかっちゃうでしょうね(苦笑)。っていうか、下手すりゃ屋上なんかでフッドサルくらいは出来ちゃいそうな勢いです。

伊豆下田柿崎の事業用物件

伊豆下田柿崎の事業用物件

まあ、世間一般の良識派の皆さんからすれば、こんなデカいだけの物件を個人宅用に買うってのは、リスクを抱え込む行為以外の何物でもないワケですが、やはり男として生まれたからには、意味もなく巨大な家とかシャレで住んでみたいじゃないですか(苦笑)。そういう意味では、普通のマイホームじゃなくて、こういう物件を買ってみるのも、オツなんじゃないかと。管理人的にはそう思ったりもします。





PageTop

アイテムNo.002・変なおうちの作り方♪




ある日の内覧会にて




すっかり言い忘れていたのですが、このブログで掲載しているヘンテコな住宅画像(各記事や、ページ左の『珍宅ひとこまギャラリー』にあるやつ)は、MEGASOFTさんの『マイホームデザイナーPRO』というソフトを使って作っています。

MEGASOFT『マイホームデザイナーPRO 5』/36790円(11290円OFF!税・送料込)@PC DEPOT

このソフト、今は第5弾にあたる『3DマイホームデザイナーPRO5』というのが最新版のようですが、私は先代の4と先々代の3を持っていて、それで制作しているというワケです。とはいえ、本来はもっとマトモな用途に使うべきソフトでして、それこそ新婚さんなどが、夢のマイホームを建築される際などに、あんな家がいいなーとか、こんなふうにしてみようとか、そういう感じで使うとよろしいかと思います。操作法も直感的ですし、この手のソフトを使ったことがないという人でも、割とすぐに使いこなせるようになるんじゃないか、と。管理人的にはそう思います。勿論、プロユースとしても多少はイケるかと。少なくとも、建築士さんはアレでしょうが、不動産屋さんが物件チラシをこさえるくらいには、使えるかと思います。

アスキー『マイホームデザイナーPRO 5オフィシャルガイドブック』/3990円(税・送料込)@楽天ブックス

それと、興味のある人というか、これからこのソフトを買おうと思っている人は、とりあえず↑のガイドブックを最初に買ってみると宜しいかと思います。というのもこのソフト、通販で買っても3万円ちょいしますから、買ったはいいけど使えないってのじゃ困りますし(まあ、大丈夫だと思いますが)。私のように伊達や酔狂でこういうくだらん画像をこさえて楽しむだけの人ならば構わないんですが、まともな人はこの本を買ってみて、本当に必要なものかどうか、考えてみるのも悪くないかと。管理人的には、そんなふうに思ったりもします。

MEGASOFT『マイホームデザイナーファミリーパック』/11659円(税込)・3881円(中古)@Amazon.co.jp

ちなみに、さらに慎重派の人には、このソフトの廉価版である『マイホームデザイナー2006』↑や、『マイホームデザイナーファミリーパック』(※↓を参照のこと)などもオススメしたいですね。これならば、私のような間違ったエンタメ派の人でも買って損はないリーズナブルな価格と言えます。こちらの方もガイドブックなどが出ているので、参考にしてみるといいかもわかりません。



【姉妹サイト・仲良しサイト】
The expectation of LOTO6ーロト6週間予想ー
檄!しおにく私設ファン倶楽部(2.0beta)』
『おしゃれ気どり』





PageTop

物件No.003・都内に1000万円以下でマイホーム?




ある日の内覧会にて




「東京23区に夢のマイホームを」と思っても、我々庶民にはなかなか手が届かないってのはもはや常識(ホントかよ)。勝ち組でもセレブでもない我々庶民(というか管理人)にとっては、毎日のように新聞に折り込まれてくる高級不動産物件の広告なんざ、絵に描いた餅以下の存在?です。ですが、そうは言っても、そんなに死ぬほど高いかと言えば、実は例外もあるワケなんですね。

東京下北沢・L字型の賃貸アパート/家賃5.0万円也


たとえばこの物件、東京は板橋区にある中古物件なのですが、築年月こそ76年5月と、かなり古いものの、土地が50.70平米、建物面積で44.78平米、間取りは3Kと、まあ、ニューファミリー(なんだそりゃ)ならイケそうな感じの物件です。っていうか、この間取りならば、1Fをダイニングとして完全に割きり、2Fの2部屋を居住スペースにリフォームすれば、下手なマンションを買うよりはいいかも?と思えてきます(外観がどうなのかは定かではありませんが)。しかも、驚くなかれこの物件、なんと1000万円を切っているのです。気になるその価格は…


630万円。



…ハイ!そら来た、ドン。


またかよ、っていう話ですが、思わずそう言ってしまいたくなるくらいに格安です。しかも、この手の価格帯にありがちな借地モノではなく、土地の権利形態としては所有権。まあ、“テラスハウス”という但し書きはつくものの、これなら普通のサラリーマンでも、ちょっと無理すれば買える範囲ではないかと。


…とはいえ、管理人はこれすら買えそうにないんですが。



■物件データ■
【物件価格】630万円
【物件間取】3K
【所在地等】東京都板橋区中台1丁目
【土地面積】中古テラスハウス(自称)
【建物面積】50.70平米
【築年月等】44.78平米
【建ぺい率/容積率】60%/200%
【敷地の権利形態】準工業地域
【最寄駅】東武東上線/上板橋
※物件詳細ページはコチラ




人気blogランキングへ



PageTop

5000アクセス突破記念画像




5000アクセス突破記念画像




なんと、どういうワケかこのヤクザなブログも、本家からの手堅いユーザー誘導の甲斐あってお陰様で一部でご好評を得ているようで(※明らかに勘違い)、めでたく5000アクセスを突破致しました。開設4日目にしてこのペースというのは、無論、本家ブログである『ロト6週間予想』を遥かにしのぐ勢いです。

…というワケで、今回は予定を変更して『5000アクセス突破記念画像』を貼り逃げしておきます。まあ、どうせすぐに飽きられるブログなんだとは思いますが、気ままに更新致しますので、よろしかったら、時たま覗いてみて下さい。


<管理人・花沢ハナノジョー>





PageTop

物件No.002・L字型の部屋



ある日の内覧会にて




オーナーの価値観やら電波やらがやたらと反映されやすい売り物件とは違い、賃貸というのは比較的、オーソドックスなものが中心なんですけども、なかには、古い物件を無理矢理リニューアルしたりして、おかしなことになっちゃってる物件も少なくありません。たとえば、コチラ↓。

東京下北沢・L字型の賃貸アパート/家賃5.0万円也



…ハイ、来た、ドン。


なんだかエラいコトになっちゃってます。唯一開いてる窓が南向きだってのは嬉しいところなんですが、一番入口から遠いところに風呂やトイレがあり、しかも、玄関前に充分なスペースがあるにもかかわらず、なぜか部屋の奥にキッチンらしきものが垣間見れます…っていうか、それ以前に、部屋がL字型ですからね。10畳も20畳もある部屋ならいざ知らず、5.3畳のL字では、ルームシェアも難しそうです。

ちなみに、1人で住んだ場合を想定すると、それはそれで難しかったりもします。というのも、仮にキッチン側(画像右上)をダイニングのように使い、その反対側のスペース(画像左下)をベッドルーム的・居間的に使おうとするとですね、なんとそこには洗濯機置き場があるのです。仮にこちらサイドを寝室として使おうものなら、枕元に洗濯機という、実にシュールな状況になるワケです。

なお、なんでもこの部屋は女性限定の物件だとか。こと女性の場合は、屋内に洗濯機置き場がある物件がお好きなようなので、興味のある人は覗いてみては如何でしょうか。

■物件データ■
【賃料/月】5.0万円
【礼金敷金】1か月/1か月
【物件間取】ワンルーム(自称)
【専有面積】11.34m2
【築年月等】'85/04
【主な設備】エアコン、給湯、トイレ、収納スペース、洗濯機置き場、ガスコンロ可、風呂
【備考など】女性限定
【最寄駅/所用時間】京王線上北沢駅徒歩5分
※物件詳細ページはコチラ

最後にまったくの余談なんですが、↑の物件、管理人ならこういう↓ふうにリフォームするかと思います…って、特別な理由がない限り、誰がやっても大凡こういう感じになると思いますが。

↑の物件の管理人アレンジ版





PageTop

アイテムNo.001・地震用シェルター




ある日の内覧会にて




一発目のネタで「核シェルターのある家」というのをご紹介しましたが、ひとくちに「シェルター」と言っても、別に「核シェルター」に限ったものではありません。地震用のシェルターだってあるんです(っていうか、昨日はじめて知ったよ)。それがこちら↓。その名も「あんしん君」はい、そこ。ネーミングセンスにツッコミを入れないように。

地震用のシェルター『あんしん君』

まあ、画像を見てもあまりよく分からんと思いますが、要は、普段は戸袋のようなものの中に即席の屋根みたいなのが隠れている構造らしく、いざ地震が来ると、その中からグイ~ンとアーチのようなものが伸びてきて、部屋の中を囲ってくれるみたいです。これならば、天井崩落の危険などから身を守れるというものですし、ちょっとした秘密基地気分も味わえますから、なかなかオツなんじゃないかと。

ちなみに、気になるお値段はというと、3,000,000円也。普通に耐震補強をしても、かなり値段が張るってのもアリますし、いっそのことこういうハイテク系(どのへんが?)で自衛してみるってのも悪くないのかもしれません。ちなみに、この「あんしん君」、値段は全部同じなんですけども、一戸建て用だとか、マンション用だとか、ログハウス用だとか、とにかくいろんなバージョンがあるみたいです。もっとも、大きなマンションで最上階に住んでる人なんかは、自分だけこれを設置しても、階下の部屋が崩落しちまえば、あまり意味ない気もするんですが。っていうか、むしろ落ちゲーみたいな感じになって、落下速度とエンタメ性が加速するような気がするんですが。



PageTop

物件No.001・核シェルターのある家。




ある日の内覧会にて






私は東京で育って、現在も某区にひっそりと生息しているのですが、いざ、近所にデカい家を買って引越そうと思っても、最初から圏外(あくまで自分が)もいいところ。かと言って、住み慣れたエリアを出てまで、一戸建てのマイホームを手にしたいかというと、そうした殊勝な心がけなぞクソ食らえくらいのノリなので、それでまぁ、以前から時々、不動産情報をチェックしてたりもするのですね。というのも、前のオーナーが自殺したとか、すぐそばの頭上を高速道路が通過しているとかで、近所にバカ安の物件がないとも限りませんから。それで安く買えるのなら、床下から不発弾が出て来ようとも、買う人間ですからね、私は。

…で、そんなこんなでいろんな物件を見ていくうちに、わりと面白いものが見つかることもあるんです。たとえばコレ↓。

パッと見たところ、かなりの豪邸です


はい、見ての通りの豪邸です。
たしか、所在地は西の方の閑静な住宅街(ヤ●ザさんが多い)だったと思います。でもこの物件、よーく見てみると、なんとも微妙なテイストの間取りだったりするんですね。たとえば…

豪邸だけに、こんなものもあったりします。


え?…核シェルター?

民家に核シェルターとは、かなり珍しいです。それこそ、こんな家に住む必要があるのは、あの偉大なる首領者様ぐらいのものです。もっとも、土地柄的に考えれば、核爆弾よりも抗争相手の鉄砲玉対策だと思いますが、その辺はあえて触れない方向で。

昔、バブルの頃に、家庭用の核シェルターがわりとセールスラッシュだったんですけど、当時よく出回っていたのは庭先に埋めるようなタイプのもので、場合によっては、一度入ったはいいが、出られないという状況になりそうなアイテムでした。まあ、避難というより埋葬です。救援が来なければ即神仏になれます。しかしこの物件の場合は設置場所が屋内。すなわち、隠し部屋みたいなノリのものなんですよね。いやはや、ヤク…ではなく、セレブの方々というのは、すごいことをするものです。






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。